ルンバ980は何がいいの!?お掃除ロボット2つの顔とは!?

お掃除ロボットの2つの顔とは!?

 

お掃除ロボット2つの顔とは!?ルンバ980がおすすめな理由

 

 

 

 ここのところ頻繁に話題となるロボット掃除機。現在のところさまざまな会社から多種多様なモデルが発売されており、「どこが異なっているの?」と疑問を持つ声もよく耳にします。そのため、注目を集めているロボット掃除機メーカーのNEWフラッグシップモデル7モデル。それぞれのメリットと準備しておかなければいけない設置スペース、掃除スペックなどについて調べてみました。

 

 まず焦点を当てたいのが、「ランダム式」「ナビゲート式」の2つの違いです。ロボット掃除機においては、大別すると2つのタイプがあります。部屋の特徴を認識してクリーニングするナビゲーションシステムスタイル。
 もうひとつが壁に沿って部屋の隅っこをクリーニングし終わったあとに、部屋の中を無作為に近い動きで移動するランダム形式です。

 

 ランダム式は室内をぐるっと一周したのち、隙間を埋めるかのように部屋を動き回るのが一般的とです。そういう理由から、同じようなフロアをしょっちゅう経由する傾向が高く、クリーニングに時間がとられてまとめて広範囲なエリアは掃除することが難しい傾向にもあります。これ以外には、掃除が終わっていない箇所が見られることもあります。ですが、同じ場所をこまめに掃除するので、掃除スペックはナビゲーション形式より高い製品が大半でした。

 

ランダム形式の代表的なモデルは以下のようなものがあげられます。
ルーロ MC-RS200

 

ミニマル RV-DX1

 

トルネオ ロボ VC-RVS2

 

ユーフィー ロボバック トゥエンティ

 

 それに対して、ナビゲーション形式は室内の構図や家財道具の置き場所のことを考慮して清掃をするので、同じようなエリアを繰り返し行ったり来たりしないのが優れた点といえます。これにより、スピーディーにフロアを掃除でき、掃除残しが見当たらない、かつ無駄な動きをしないことによって広々としたフロアをいっぺんに掃除できるという長所があります。そういった点も考えて、ランダム式とナビゲーション式を比較検討してみるのもおもしろいです。

 

ナビゲーション形式の代表的なモデルは、

 

ルンバ 980 おすすめ!

 

ダイソン 360 アイ

 

ボットバック コネクテッド

 

ナビゲーションシステムはお掃除ロボットそのものが考えて行動しているような、動きに無駄がなく、効率的に掃除をしてくれます。そのぶん、値段も高くなり、発売されているモデルも少ないのが現状です。

 

長い目で見ると、ナビゲーションシステムが魅力が多いと感じます。最新鋭の技術が搭載されているのと、それによる電気代などのランニングコストや、効率化による時短が見込めるからです。

 

自分の時間を有効活用できますし、日々の電気代も安く抑えることができます。

 

 

ルンバ980がすごい。最新ルンバを徹底レビュー!!