おすすめルンバはこの3台!!コスパ最高ルンバを厳選。

おすすめルンバはこの3台!!コスパ最高ルンバを厳選。

 

「掃除はルンバがしてくれる。」

 

今、家電業界で大注目のお掃除ロボット「ルンバ」。気になってはいるけれど、種類が多すぎてどれがいいのかわからない

 

ルンバは次々と新モデルが登場し、気が付くと、現在ルンバのモデルは約10種類。こうも次々と新モデルが出てくると、結局どれが一番いいの?って思いますよね。

 

安心してください。今日はそんなたくさんあるルンバの中から、厳選に厳選を重ねて選び抜いた3つのルンバを自信をもって、紹介します。

 

審査基準は、ずばりコスパの高さです。

 

コスパを考える上での絶対条件は、質の高い掃除力です。
いくら自動で掃除してくれても、ゴミが残っていたり、掃除時間が長いと、結局ロボットなんかより自分で掃除機をかけたほうが断然早い。そうならないために、効率的にしっかり部屋をきれいにしてくれる掃除力は絶対必要です。したがって、初めに申し上げておくと、掃除力が物足りない600シリーズは個人的にはおすすめしません。

 

今回は掃除能力が向上した800シリーズと900シリーズの計8モデルからコスパが高い3モデルを紹介したいと思います。

 

結論から言うと、

 

 

ルンバ870

掃除力もあり、必要最低限の機能がきっちり備わったモデル

 

ルンバ876

ルンバ870の弱点を補完する上位互換モデル

 

ルンバ980

掃除力、機能面とも最高性能モデル

 

 

この3つです。

 

では、ルンバ870から順に紹介していきます。

ルンバ870

 

おすすめルンバはこの3台!!コスパ最高ルンバを厳選。

 

値段が安い

掃除能力が高い

お手入れしやすい

進入禁止エリアを設定できる

 

バッテリーの性能が低い

ヘイローモード機能がない

 

 

 

ルンバ870は、800シリーズの中で、最も安価なモデルですが、掃除力もあり、最低限必要な機能もしっかり備わっています。

 

ルンバ870は、600シリーズに比べて吸引力が1.5倍、ゴミを探す能力も2倍と、掃除力、掃除効率ともに格段に良くなっています。

 

また、機能面では、吸引後の細かいほこりがダストボックス内で飛散しないよう、お手入れしやすいダストカットフィルターや、ルンバの立ち入り禁止エリアに境界線を設定できるバーチャルウォール機能も搭載されています。

 

確かな掃除力と最低限必要な機能性を兼ね備えたモデルこれががルンバ870です。必要最低限だから、値段も安い。必要以上の機能にお金を払うのが一番コスパが悪いです。

 

ただ、ルンバ870にはデメリットもあります。

 

デメリット1つ目は、
バッテリーの性能が低いことです。
ルンバ870のバッテリーには、ニッケル水素電池が使われています。

 

 

ニッケル水素

リチウムイオン

重さ

重い

軽い

大きさ

大きい

小さい

充電量

少ない

多い

製造コスト

安い

高い

寿命

3年

6年

※メモリー

効果

あり

なし

※メモリー効果…充電を繰り返すうちに、次第に充電容量が減っていく現象

 

ニッケル水素電池の方が安価ですが、性能は低く寿命も短いです。

 

ルンバの長期的な使用を考えている方にとっては、バッテリー交換の手間や新しいバッテリー購入費用といった追加のコストがかかることもあります。

 

デメリット2つ目は、ヘイローモード機能がないことです。
この機能は、室内のペットの水飲み場や植木鉢などにルンバが衝突しないようにする機能です。
こぼれた水でルンバが故障したり、植木鉢を倒してしまうことを防いでくれるのが、ヘイローモード機能です。

 

 

〜ルンバ870まとめ〜


安価ながら、確かな掃除力と実用的な機能はしっかり搭載。
バッテリーは交換すればいい、ヘイローモードは必要ないという方であれば、ルンバ870を一番におすすめします。

 

ルンバ870国内正規品はこちら

 

【国内正規品】iRobot アイロボット ルンバ870 ロボット掃除機 800シリーズ ピューターグレー Roomba870 掃除機 ルンバ870 R870060

価格:52,199円
(2017/9/10 00:04時点)

 

ルンバ876

 

おすすめルンバはこの3台!!コスパ最高ルンバを厳選。

 

掃除力はルンバ870と同じ

バッテリーの性能が高い

ペットがいても安心

 

価格はルンバ870より1万〜2万円高い

 

 

 

ルンバ870の弱点を補完する上位互換モデル

 

次にルンバ876ですが、これは、870の上位互換モデルです。
とはいっても、掃除能力や基本的な機能はルンバ870と変わりません

 

異なる点は、バッテリーに高性能なリチウムイオン電池が使われていること。
寿命は6年とルンバ870の2倍で、かつ充電容量が徐々減っていくメモリー効果もないので、圧倒的に高性能です。
長く、安心してルンバを使い続けることができます。

 

また、ヘイローモード機能も搭載されています。
ペットを飼っている方も安心してルンバに掃除を任せられます。

 

ただ、ルンバの870上位互換といえるルンバ876は、値段も870に比べて1〜2万円高くなります。

 

 

〜ルンバ876まとめ〜


ルンバを長く使いたい方や、ぺットを飼っていたり、家に観葉植物があってルンバの衝突を防ぎたい方は、ルンバ876のほうがより安心して掃除を任せられるのでおすすめです。

 

ルンバ876国内正規品はこちら

国内正規品 ルンバ876 ルンバ800シリーズ 掃除機 R876060 お掃除ロボット アイロボットスケジュール機能で賢くおそうじ 自動充電 ロボット掃除機 自動お掃除 【KK9N0D18P】

価格:72,780円

(2017/7/31 22:44時点)

ルンバ980

 

おすすめルンバはこの3台!!コスパ最高ルンバを厳選。

 

特徴

 

吸引力最大10倍

カーペットブースト機能が搭載

稼働時間120分

112畳まで一度に清掃可能

すごく頭がよくなった

外出中でもスマホから操作できる

掃除結果をきちんと報告してくれる

清掃モード設定可能

 

値段が9万〜13万と高い

スマホとWi-Fi環境は必須

 

 

掃除力、機能面とも最高性能モデル

 

 

最後のルンバ980は、現在ルンバ最上位モデルです。

 

ゴミ除去量は通常モードで600シリーズの2倍です。また、吸引力を10倍に引き上げるカーペットブースト機能が搭載されており、常にオン、常にオフ、カーペットの上のみ自動でオンから設定できます。

 

一度に掃除できる時間は120分と800シリーズの2倍です。また、これまで公表されてなかった稼働面積は、112畳。これは、特に一戸建てで、リビング、ダイニング、キッチン、廊下など段差がなく複数のフロアに分かれているような広いエリアの掃除でも、ルンバ980はしっかり掃除をしてくれます。

 

また、ルンバの頭脳であるナビゲーションテクノロジーも800シリーズのiAdaptからiAdapt2となりました。これによって、ルンバは頭の中に地図を描き、自分の現在地や掃除が終わっていない部屋を認識・判断できるようになりました。つまり、常に考えながら、効率良く掃除をするようになったんです。結果として、無駄な動きが減り、電力を効率的に消費できるため、稼働時間・稼働面積の大幅な増加が実現しました。

 

また、ルンバ980最大の特徴といえば、スマホからの操作が可能になったことです。自宅のWi-Fiにルンバをつないでおくことで、スマホの専用アプリを通して、いつでも外出先から自宅のルンバを操作できます。また、毎回の掃除結果をスマホで確認できるため、外出中でも安心して掃除を任せられます。そして、清掃モードも設定可能で、短時間でパパッと掃除機かけてほしい時や、ペットの抜け毛が目立つ時期、大掃除をしたい時など、時期や状況に応じてルンバの清掃時間や掃除の丁寧さを設定することができるようになりました。

 

ルンバ980のデメリットといえば、値段が高いことと、スマホとWi-Fi環境がない場合では、ルンバ980のパフォーマンスが十分に引き出せないことです。

 

 

〜ルンバ980まとめ〜


スマホとWi-Fi環境は必須で、ある程度広いエリアの掃除をルンバに任せたい方や、値段は高くてもいいから良いもの長く使いたいという方は、ルンバ980の満足度は非常に高いと思います。掃除力、掃除効率、機能面すべてが他のルンバを圧倒しており、家の掃除はこの一台で大丈夫という安心感があります。9万円台〜13万円という値段ですが、最新鋭の技術による機能が搭載されているため、長期的な使用を考えても活躍し続けられるという点でも、非常にコスパは高いです。

 

ルンバ980国内正規品はこちら

「国内正規品」 ルンバ980 R980060 iRobot(アイロボット) ロボット掃除機 「自動充電」「スケジュール機能」「ゴミセンサー」【smtb-k】【ky】【KK9N0D18P】

価格:116,100円
(2017/9/10 00:08時点)

ルンバ980、ルンバ876、ルンバ870の比較表を作りましたので、ぜひ参考にしてください。

 

 

ルンバ980

ルンバ876

ルンバ870

価格

9〜13万

6〜8万

4〜5万

システム

iAdapt2

iAdapt

iAdapt

吸引力

(600と比較)

最大10倍

1.5倍

1.5倍

稼働時間

120分

60分

60分

バッテリー

寿命

6年

6年

3年

ヘイロー

モード

×

スマホ操作

×

×

清掃モード

設定

×

×

カーペット

ブースト

×

×

 

私個人的には、スマホと自宅にWi-Fi環境があるのと、最新鋭の機能に惹かれ980を実際に購入しました。
使用した感想は、今のところ全く後悔はありません。とても賢く掃除をしてくれるので、安心して家の掃除を任せられます。

 

ルンバ980がすごい。最新ルンバを実際に使ってみた。でも実際に使用レポを取り上げているので、気になる方は、ぜひ参考していただければと思います。

ルンバに共通する特徴とは

 

最後に、どのルンバにも共通する特徴を紹介します。

 

・高さ2センチ以下の段差なら乗り越えられる

・高さ10センチ以上なら入り込んで掃除してくれる

・床に障害物が多いと、掃除効率は下がる

 

これはどのシリーズのルンバにも共通します。

 

この特徴を踏まえ、ルンバにしっかり掃除をしてもらうために、ルンバが掃除しやすい環境を整えてあげなければなりません。

 

これが一見デメリットに思えますが、洗濯物を床に置きっぱなしにせずにすぐに畳んで片づける、物を定位置に戻すといった習慣が自然と身に付き、常にすっきりした部屋を保てます。
ルンバは値段も高く良いものだからこそ、大切に使おうという気持ちが、常に部屋を整頓しておこうというポジティブな強制力を与えてくれているといえます。

 

これがルンバに隠された最大のメリットなのかもしれません。

 

みなさんの生活スタイルにあった最高のルンバを見つけてくださいね。